FC2ブログ

先日 埼玉の娘からのメール
「今日はめっちゃ寒い。今、外6度」
わたし、心で
(なーに言ってるの。6度ねえ、あったかくていいわね。こっちはマイナスよ)
思いつつ、みんな風邪ひかないようにね、と無難な返信をしました。

夏は逆。
わたしが「助けて!32度よ!」と騒ぐと
「あっそう。こちら39度、死ぬかも」と無愛想な返信がきます。
夏と冬はいつもこんなすれ違いを繰り返します。

さて、柚子しごとの続きです。
20181127162559457.jpeg
柚子大根、柚子ジャムそして柚子胡椒です。

柚子大根、パリパリ歯ごたえ良く、柚子の香りのうれしい漬け物。
わすれ草さん、美味しくできましたよ。感謝です。

ジャムは、思いきって手抜きして皮の茹でこぼしを省略しました。
何のことはない、上々のできです。
わたしには 違いがわからないだけかもしれませんが、それでよいのです。

前から作ってみたかったのが、柚子胡椒です。
お店に売っているのは、びっくりするほど塩っぱいのです。
クックパッドで、砂糖と塩 2:1 のレシピをみつけました。
いい感じの出来で、さっそくおでんにつけました。
からしより わたしは好きです。
きれいな色にも満足です。

私たち夫婦は、時々小さな旅をします。
行き先が首都圏だと、日程の半分は別行動です。
仲わるいの?って訊かれたことあります。そうでもないです。
東京で生まれ育ったわたし、社会人になって10年ほど神奈川県と東京にいた夫。
それぞれに会いたい人、行きたい所があります。
先日は4日目にふたりで一緒に歩きました。
その時に行ったのがとても良い所でした。

1日目の外苑の銀杏並木、2日目の池袋サンシャイン水族館。
『よことも』の二日間はとても楽しかったのですが、どこも人、人、人。
予想外の暑さのせいもあって、かなりストレスフルでした。

そんな4日目、夫と行ったのも都心なのです。
都電荒川線の早稲田から、ゆっくり歩いて10分ほどのところです。

わたしの母は、早稲田に生まれ育った人で、この辺りはその昔「牛込」と言ったようです。
わたしは子供の頃、お正月や夏休みには “うしごめのおばあちゃん” の家に泊まりに行きました。
おばあちゃんの家はパン屋さんで、朝はパンの焼ける匂いで目を覚ましたものです。
小学生のころ、早稲田の人はみんな早稲田大学に行くと信じていて、友達や先生に
「うちのお母さん早稲田大学だったの」と言って、母に大汗をかかせたそうです。

話が逸れました。
早稲田で都電を下り、神田川を渡った先にー

20181213142130cee.jpeg

『肥後細川庭園』です。
大都会の渦から、歩いてたった10分離れただけなのに別世界です。
この辺りは、江戸時代には幕臣の邸宅があったそうです。
この屋敷は何度か所有者が変わった後、幕末に細川家の下屋敷になり、明治時代には本邸になったということです。
戦後、東京都が土地を購入し、現在は文京区立の公園になっています。
こんな素晴らしいところが、無料で入れるなんて羨ましい限りです。

20181208181248d00.jpeg

こんなに良い所なのに、人はまばらでゆっくり楽しめます。
近所の方は、毎日のお散歩コースにしていると言ってらっしゃいました。
紅葉と、雪吊りされた樹々が水面に映る様にため息がもれました。
池の周りを行きつ戻りつ歩き、正面の建物 (松聲閣) でお抹茶と熊本の銘菓をいただきました。

東京にはこういう、ホットスポットならぬ「ほっとするスポット」があちこちにあります。
わたしは東京のそういうところが とても好きです。

おとといの午後から降り始めた雪が、昨日の朝には15センチも積もり、
今日も朝からちらちら降ったり止んだりしています。
とても寒いです。午後3時 外の気温、マイナス1度です。

先日、恒例の昔のママ友 4人の集まりが東京でありました。
(4人の名前からとって『よことも』の会といいます)
20代で団地で出会った私たち、今 四捨五入すれば揃って70歳です。
年一度東京に集まるようになって 14年。
土地勘があるということで、ずっとわたしがプランナーを引き受けてきましたが、
今年はなんだか疲れちゃって、他の人に代わってもらいました。

今回のメインは、

201812081624493fd.jpeg

外苑の銀杏並木です。
てっぺんの葉が散り、黄葉のピークは過ぎていましたが、まだまだ迫力十分でした。
散り敷く葉を踏みながら歩く人の波に、あぁ都会なんだなぁ…と感慨しきりでした。

今年もこうやって4人で街を歩き、美味しいものをいただき、夜中までおしゃべりできました。
年々その有り難さが身にしみるようになりました。
よことも、来年も集まれますように。

きのう茨城の友から柚子が届きました。
庭でとれた柚子を、きれいに並べて2段重ねで送ってくれました。

2018112310540774f.jpeg

柚子茶、柚子ジャム、それと刻んだ皮をお味噌汁に。
朝のお味噌汁に柚子の香りがするだけで、満たされます。

今朝、寒いなあと思ったら雪。
初雪でいきなり積雪だなんてそんな…
ずっと暖かかったのでタイヤ交換、まだでした。

柚子しごと日和ということにして、

20181123105444bd4.jpeg

まずは柚子茶。
大きな容器にたっぷりと。
新鮮なのでしょう、すぐに果汁が上がってきました。

庭に生っている柚子を見て、わたしを思ってくれて、実をもいで、汚れを落として、
箱をみつけて、きれいに並べて、宅配便を頼んで送ってくれる。

ありがたいことです。

先日、少々離れた所の公民館の『ボイストレーニング講座』に誘われました。
この頃 自分の声が濁ってきたので、一も二もなく参加を決めました。

夫に言うと予想外の「オレも行く」。
オ レ モ イ ク って…

あ、夫と一緒に行きたくないのではありません。
照れ屋で、人見知りの夫は地域の公民館講座などに女房と行きたがらないヒトなのです。
あんたはあんた オレはオレで、今までずっと至極平和にやってきました。
それが、オレも行くって。まさか濡れ落ち葉に急変⁈

「えッ、なんで?」驚きを隠して訊きました。
「前からオレの声を ガラガラ声とか 汚い声とかって言ってたじゃないか」

そこだったの⁉︎
もしかして…気にしてた?
ごめんなさい、キズついていたのかしら。
ぶっきら棒でガラガラの野太い声は 東北訛りと相まって、聞こえ難いし 怒られているようでとても嫌でした。
それでついつい、あなたは心はとっても良いのに 声が悪いのよね…なんて。
平気な顔しているから、気にしてないと思っていました。
悪意のない悪声より、声は良くても(?)無神経なもの言いは 罪深かったかもしれません。

さて当日。
講師は長いこと合唱指導をしてきた70代の女性です。
わたしは話し言葉のボイストレーニングかと早合点していたら《美しい声で歌うため》だったと始まってから知りました。
参加者25名、男性は3名だけです。
夫が気後れしてないかと気になりました。一番前の席で少し緊張気味に見えます。

1日目なので、ほとんど発声練習でした。
それぞれの声をひと通り聴いて先生が
「今日は男性が3人いらしてます。とても良い声をお持ちです。ちょうど第1テノール、第2テノール、バリトンの高さです」
先生 さすがです。その言葉で男性3人 俄然声に力がみなぎってきました。
バリトンと言われた夫の背すじが、すっと伸びたように見えました。

帰り道、いつもはあまり感情を出さない夫が楽しそうです。

バリトンか…
そう、わたしもこれからはガラガラ声とか ダミ声とか言わないで、バリトンって言おう。
「あなたの声はバリトンだから ちょっとだけ聞きにくいの」って。

ものは言いようですものね。

もうずっと秋晴れ続きです。
こんなにも晴天が続くと、晴天の在庫が無くなってしまうんじゃないかと心配になります。
「幸せすぎてなんだかこわい」なんていう歌の文句がありましたっけ。

201811051855096d3.jpeg

川の帰りに紅玉リンゴを買いました。
簡単でそこそこ美味しい リンゴのお菓子です。
フライパンで焼けるのと、ホットケーキミックスで良いのが わたし向きです。

20181105152933505.jpeg

この頃は青森でも紅玉リンゴをあまり見かけなくなりました。
なのでスーパーにあるとつい買ってしまいます。
ジャムとせいぜいこのお菓子を作るくらいなんですが。
こんな簡単お菓子でも、自分で出来ると嬉しくなってしまいます。
半分は友だちにおすそ分け。

20181105152954729.jpeg

美味しいおやつでした。

1週間ぶりの川です。
白鳥が来ていました。
ため息の出るような美しさです。

20181102154046296.jpeg

今日はこの二羽だけのようです。
羽を休めてまたもっと南へ行くのでしょうか。
以前はもっと多くの水鳥がいたのですが、ここ数年めっきり数も種類も減りました。
もしかしたら、震災を境に川の環境が変わったのかもしれません。

公園を歩いていて、なにか視線を…

20181102154104304.jpeg

こんな子が笑って見ていました。
わたしも ニッコリ。
これをデザインした人は「笑顔」を意識していたのかしら。
そうだったら なんだかホワッと嬉しいです。